土屋研究室応用微細加工学 Tsuchiya Laboratory – Applied Micro Manufacturing

photo

高効率生産のための加工・組立の要素技術 Machining/Assembly Technologies for High-Efficiency Manufacturing

当研究室では、製造業における諸問題解決のために、加工現象のメカニズム解明、機械加工の高効率化、生産システムのスマート化などのテーマに取り組んでいます。

  • 顕微鏡下のマイクロアセンブリ
  • 砥粒加工の高精度・高効率化
  • MT法を用いた低コスト・高品質生産システム
  • 高度熟練技能の知能技術化
  • 疲労強度向上のための応力下切削法
  • 刃物の研磨手法と切断性能に関する研究
  • 航空機製造技術の高度化
figure
fig.1)顕微鏡下で微細物を組立てる
マイクロアセンブリシステム Micro assembly system under microscopes
figure
fig.2)SEM下での疲労試験結果 Result of fatigue test under real-time observation
figure
fig.3)制御剤添加率と砥粒の見かけ平均粒径D50
及び研磨能率Rの関係 Relationship between polishing rate and dispersibility of abrasive grains in polishing slurry
figure
fig.4)超長寿命・微粒固定砥粒工具による
粗面ガラスの鏡面化 Fixed micro abrasive tool with super long life
figure
fig.5)研磨した刃物先端の形状と切れ味の関係 Micro-Structure of a Knife-Edge and its cutting performance
figure
fig.6)複合めっきを利用したロール金型表面とその転写結果 Micro/Nano structures on the roll mold surface by composite plating

Laboratories

Links