梶原研究室基盤生産加工学 Kajihara Laboratory – Manufacturing Science Fundamentals

photo

金属と樹脂の直接接合 Metal-Polymer Hybrid Direct Joining

金属表面に微細構造を創製し、インサート射出成形を行うことによって、接着剤を利用せずに強固な金属-樹脂接合を得る「成形接合法」に取り組んでいます。具体的には、金属処理、成形条件の最適化を進めつつ、理論・実験両面から接合メカニズム解明を推し進め、本技術の産業界への本格導入を目指しています。

  • 表面微細構造を利用した金属・樹脂直接接合
  • 化学処理、ブラスト等を利用した金属粗面処理
  • 引張試験機、疲労試験機の開発
  • 理論・実験両面からの接合メカニズム解析
figure
fig.1)金属/樹脂直接接合法の概念 Concept of metal-polymer direct joining
figure
fig.2)温度・圧力センサを組み込んだ接合金型 Mold equipped with temperature and pressure sensors
figure
fig.3)純粋なせん断強度を測定可能な引張試験機 Tensile tester, which measures pure shear strength.
figure
fig.4)射出速度とせん断強度の関係(化学エッチング利用時) Injection speed dependence on shear strength.
(when chemical etching is used for patterining)
figure
fig.5)走査電子顕微鏡による接合界面解析 Cross-sectional analysis with STEM.

Laboratories

Links